ブログ / お知らせ

平成26年10月に品川区立杜松ホームの建物が完成して、そこより本格的な研修や準備に入ります。

それまでの間、内定された方に定期的に集まっていただき、茶話会形式でグループワークや方針の共有化を図ってまいります。

写真は5月30日(金)に、東白楽の研修センターで行われたときの様子です。

_DSC7768

初顔合わせの機会なので、緊張感があるにはあるのですが、まるで初めて会った感じとは違う雰囲気で、終始にぎやかに、そして和やかな時間を共にすることができました。

きっと、参加者の皆さんが、それぞれ自ら積極的に打ち解けようとする姿勢がそのようにさせたのでしょう。

今後も続けていくことで、『素晴らしい施設』を創るための本格的な準備の前の準備を深めていきたいと思います。

 

 

近頃、お電話でいろいろな方(採用について、会社関係の方など)とお話させていただく機会に、結構な頻度で言われますことに、『モリマツ(杜松)小学校跡に・・・。』や、『トヨ町(豊町)に施設ができますよね。』等のお話から入られる方がいらっしゃいます。
覚えていただきたいので、この場をお借りしまして、『としょう小学校』『品川区ゆたか町』と読みますことを宣伝させていただきます。

話は少しだけかわりまして、これまで、杜松小学校跡高齢者福祉施設という呼び方で通っていましたが、この度名称が決定いたしましたので、お知らせいたします。

施設全体の総称・・・品川区立杜松ホーム

地域密着型特別養護老人ホーム・・・品川区立杜松特別養護老人ホーム

小規模多機能型居宅介護・・・品川区立杜松倶楽部

グループホーム・・・品川区立杜松認知症高齢者グループホーム

小規模多機能型居宅介護とグループホームを合わせて・・・品川区立杜松地域密着型多機ホーム

今後とも『読み方』と『呼び方』よろしくお願いいたします。